ゼニス(ZENITH)正規取り扱い店 太安堂本店

EL Primero Rattrapante

エルプリメロ ラトラパンテ(スプリットセコンドクロノグラフ)

.

ラトラパンテ(スプリットセコンド)はミニッツリピーターと共に最も製造が難しい時計と評価されてきました。

機械式腕時計の製造が全盛期であった1940〜60年代でもごく少量が生産されていて、

コレクターの最終目標といえる価値ある逸品でした。

この価格は信じられない程、安価な設定です。

直径は44mmで大きいですが1969年に発表された伝統的なデザインに似ているのでバランスが良く大きさを感じさせません。

キャリバー4026はホワイトゴールドケースで¥4,750,500+税で以前から販売されていました。

キャリバー 4026

自動巻

クロノグラフ

スプリットセコンド

(クロノグラフ針の他にスプリットセコンド針が付いている)

100メートル防水

グランデイト付(見易い日付)

クロノメーター認定証付

直径44mm

.

ステンレス

Ref:03.2050.4026/91C630

¥1,540,000+税

.生産終了品

クロノグラフ針の他にスプリットセコンド針が付き、途中経過時間が計測できる。

*画像をクリックしますと別ウインドウで大きな画像が御覧になれます。

ゼニス エルプリメロ ラトラパンテ リファレンス03.2050.4026/91C630
ゼニス エルプリメロ ラトラパンテ リファレンス03.2050.4026/91C630
ゼニス エルプリメロ ラトラパンテ リファレンス03.2050.4026/91C630
ゼニス エルプリメロ ラトラパンテ リファレンス03.2050.4026/91C630
ゼニス エルプリメロ ラトラパンテ リファレンス03.2050.4026/91C630
ゼニス エルプリメロ ラトラパンテ リファレンス03.2050.4026/91C630 ゼニス エルプリメロ ラトラパンテ リファレンス03.2050.4026/91C630
ゼニス エルプリメロ ラトラパンテ リファレンス03.2050.4026/91C630
ゼニス エルプリメロ ラトラパンテ リファレンス03.2050.4026/91C630
これが機械式腕時計で最も複雑な構造であるスプリットセコンドの説明図です。

.

ラトラパンテ コラムホイール

ラトラパンテの鉤爪−コラムホイール

リューズ内にあるラトラパンテのプッシュボタンを押すとラトラパンテの鉤爪がそれまでクロノグラフホイールと噛み合っていたスプリットセコンドホイールをブロックします。

その結果、2本の針のうち1本は停止し、もう1本はそのまま動き続けます。

鉤爪の重さはたった1/40グラムしかありません。

一部の超高級時計には採用されている見易いビッグデイトの機構です。

ラトラパンテ ビッグデイト

2枚のディスクによるビッグデイト表示機構

日付は文字板の大きな窓から見ることが出来ます。

文字板の下にある日付表示用の2つのディスクは瞬間的に日付を変更するため、

回転速度が一瞬にして毎分2000回にまで達します。

ゼニス

1969年、ゼニスとモバードとの協力事業によりクロノグラフと自動巻を合体させたエルプリメロ(キャリバーPHC3019)が完成しました。

手巻クロノグラフは1940年代にピークを迎えています。

自動巻は1950年頃から本格的な製造が開始され、1960年代にピークを迎えました。

この2つが1969年になり合体に成功したのです。

同時期に他社からも自動巻クロノグラフが発表されましたがピラーホイールの廃止やマイクロローター等のトラブル続きで短期間で製造中止に追い込まれました。

エルプリメロは最高の自動巻クロノグラフとして評価されましたが奇しくも同じ1969年に開発されたクオーツ式時計の台頭により、機械式時計は衰退し製造中止になりました。

その後、機械式時計の価値が再認識され、違いのわかる人達の間で愛好されてきました。

1990年代から続々と発表される機械式クロノグラフが1940年代に廉価版として不評だったピアスと同様の垂直クラッチを採用し、分解調整が不可能でアッセンブリー交換しなければいけないのに対し、熟練した職人を必要とはしますが調整可能な従来からの水平クラッチを採用し続けています。

アッセンブリー交換をしなければいけない時計はクオーツと同様、メーカーの部品供給がストップすればその時点で修理不能になります。

ゼニスは熟練した職人の手で修理すれば、末長く使用する事が可能です。

こうした理由から当店では無名だった1993年からゼニスを自動巻クロノグラフの最高傑作としてお勧めしてきました。

.

正規輸入品はメーカー修理の際に、料金が大幅割引のメリットがあります。

当店でお買い上げいただいた時計の修理料金は正規品のメーカー修理よりもさらにお得です。

機械式時計は3年毎にオーバーホール(分解掃除)が必要です。

その際、高額な修理代が必要となり、驚かれる方が増えています。.

腕時計は修理を自店で行う時計店でお求めになることがベストです。

神奈川県 横須賀市 東逸見町1-1 太安堂本店  046-822-1200(代)

時計・メガネ・宝石 太安堂本店

神奈川県 横須賀市 東逸見町1-1 JR横須賀駅前

営業時間:10:00〜19:00

 水曜定休

 TEL:(046)822-1200(代)