セイコー
セイコー プレザージュ 40.5mm

.

機械式時計をお求め易い価格で実現したプレザージュの新製品です。

直径は40.5mmで大型ですが腕に合わせてガラスや文字板もカーブした、機械式時計が最も輝いていた1960年が蘇る素晴らしいデザインです。

文字板は放射状のライン仕上げでカラーも人気が続く青でカクテルの『ブルームーン』をイメージしてとても新鮮です。

2017年6月新発売

キャリバー 4R35

自動巻(手巻機能付)

日付

100メートル防水

カーブ付ハードレックス(裏ぶたはハードレックス)

直径40.5mm

ステンレス

リファレンス:SARY073

青文字板(ブルームーン)

メタルバンド付

¥45,000+税

画像をクリックしますと別ウインドウで大きい画像が御覧になれます。

セイコープレサージュ40.5mm リファレンス SARY073
セイコープレサージュ40.5mm リファレンス SARY073
セイコープレサージュ40.5mm リファレンス SARY073
セイコープレサージュ40.5mm リファレンス SARY073
セイコープレサージュ40.5mm リファレンス SARY073
セイコー

服部時計店の時計製造工場と精工舎(セイコー)は1892年に設立され、掛時計の製造を始め1913年から腕時計の製造を開始しました。

スイスと比較して歴史が浅い為、当初から規模の大きな工場を持ち自社一貫生産(マニファクチュール)としてスタートしました。

私見ですが実力のシチズン、人気のセイコーとしてスイス時計より下の普及品の価格で世界的規模の会社に成長しました。

1969年に暮れに急遽、世界初のクオーツ式腕時計を発売しました

機械式時計の100倍の精度を誇るクオーツ式腕時計の登場により小型化と精度の追求と耐久性において絶頂期にあったスイス時計は壊滅的な打撃を受けました。

ゼンマイと異なり少ないトルクで稼動するクオーツでは地板の耐久性も必要ない為、スイス製より遅れていた日本製が優秀な電子部品と共にクオーツ時計の頂点に躍り出たのです。

.

正規輸入品はメーカー修理の際に、料金が大幅割引のメリットがあります。

当店でお買い上げいただいた時計の修理料金は正規品のメーカー修理よりもさらにお得です。

機械式時計は3年毎にオーバーホール(分解掃除)が必要です。

その際、高額な修理代が必要となり、驚かれる方が増えています。.

腕時計は修理を自店で行う時計店でお求めになることがベストです。

神奈川県 横須賀市 東逸見町1-1 太安堂本店  046-822-1200(代)

時計・メガネ・宝石 太安堂本店

神奈川県 横須賀市 東逸見町1-1 JR横須賀駅前

営業時間:10:00〜19:00

 水曜定休

 TEL:(046)822-1200(代)