オリス(ORIS)正規取り扱い店 太安堂本店

オリス ビッグクラウン ポインターデイト 36mm

.

1938年から製造されているポインターデイトはオリス社の看板商品でした。

古くからオリスを知る人にとっては懐かしい永遠のデザインです。

古き良き時代を思い出させるアラビア数字の文字板や、針で日付を表示するポインターデイト、手袋をしたままでリューズを操作できるビッグクラウン。

当店は機会ある毎にオリスの象徴でもある36mmのポインターデイトの復活を訴え続けてきましたがついに実現しました。

現行の時計では失われてしまった古き良き時代を満喫して下さい。

8月3日に入荷しました。

2018年バーゼルワールド新商品

8月入荷

キャリバー SW(セリタ)200

自動巻

50メートル防水

日付(針表示)

直径36mm

ステンレス

.

黒文字板

革バンド付

Ref:754 7749 4064-07 5

¥175,000+税

.

黒文字板

メタルバンド付

Ref:754 7749 4064-07 8

¥195,000+税

8/3入荷しました

.

緑文字板

メタルバンド付

Ref:754 7749 4067-07 8

¥195,000+税

8/3入荷しました

画像をクリックしますと別ウインドウで大きい画像が御覧になれます。

オリス ビッグクラウン ポインターデイト 36mm リファレンス754 7749 4067-07 8

黒文字板

Ref:754 7749 4064-07 8

オリス ビッグクラウン ポインターデイト 36mm リファレンス754 7749 4067-07 8

緑文字板

Ref:754 7749 4067-07 8

オリス ビッグクラウン ポインターデイト 36mm リファレンス754 7749 4067-07 8
オリス ビッグクラウン ポインターデイト 36mm リファレンス754 7749 4067-07 8
オリス ビッグクラウン ポインターデイト 36mm リファレンス754 7749 4067-07 8
オリス ビッグクラウン ポインターデイト 36mm リファレンス754 7749 4067-07 8
オリス ビッグクラウン ポインターデイト 36mm リファレンス754 7749 4067-07 8
オリス ビッグクラウン ポインターデイト 36mm リファレンス754 7749 4067-07 8
オリス ビッグクラウン ポインターデイト 36mm リファレンス754 7749 4067-07 8
オリス ビッグクラウン ポインターデイト 36mm リファレンス754 7749 4067-07 8
オリス ビッグクラウン ポインターデイト 36mm リファレンス754 7749 4067-07 8

黒文字板

Ref:754 7749 4064-07 5

黒文字板

Ref:754 7749 4064-07 8

緑文字板

Ref:754 7749 4067-07 8

1930〜1970年代前半の理想的なサイズを代表する34mm前後の名品と並べた写真です

参考の為、この年代のスイス腕時計を代表するメーカーの時計のサイズ、スペックを掲載しました。

クロノグラフ、ダイバー、アラーム付の特殊なタイプの極1部を除いて自動巻は35mm以下、手巻は33mm前後でした。

オメガ オリス ビッグクラウンポインターデイト 36mm インターナショナル
インターナショナル キャリバー8541

インターナショナル キャリバー8541

キャリバー8541

全回転両方向巻上自動巻(ペラトン方式)

1964年製造

日常生活防水

直径34mm

厚み約11mm

ステンレスケース

非売品

画像をクリックしますと別ウインドウで詳細が御覧になれます

オメガ コンステレーション キャリバー561

オメガ コンステレーション

キャリバー 561

自動巻

日常生活防水

1964年製造

直径34mm

厚さ11.4mm

ステンレスケース

非売品

画像をクリックしますと別ウインドウで詳細が御覧になれます

オリス

.

1904年 スイス北西部にあるホルスタインで創業されました。近郊にオリス渓谷がある事からオリスと名づけられました。

当初は価格の安いピンレバーを製造し会社は発展を遂げました。その後ジュエルレバーの製造も開始しました。

1938年には日付を針で指し示すポインターデイトを製造、以後オリスを代表する商品になりました。

1952年にはパワーリザーブ付の自動巻き、1966年には25石の自動巻きを発表し800名の従業員を抱えるスイスでも十指に入る時計製造業者へと発展しました。

しかし1970年代になるとクオーツにより、他のスイス時計と同様、生産量は激減し、壊滅的な打撃を受けました。

最大の転機が訪れたのは1982年に経営権を買い取ったロルフ・ポートマンが会長に、ウーリック・エルゾックがCEDに就任した時です。

1984年ポインターデイトの復活を果たし、以後クオーツとは一線を画した機械式時計に力を入れました。

ETAムーブメントの使用を宣言し、良心的な価格の機械式時計の先駆者となりました。

特に1997年にETA2836-2をベースとしたワールドタイマーは最も使い易いワールドタイム付腕時計で私も愛用しています。

デザイン的にもケースの仕上げの良さにも目を見張るものがあり、10〜30万円の時計として当店がお薦めする時計の一つです。

その他、多数のオリス商品を取り揃えております。

.

.

正規輸入品はメーカー修理の際に、料金が大幅割引のメリットがあります。

当店でお買い上げいただいた時計の修理料金は正規品のメーカー修理よりもさらにお得です。

機械式時計は3年毎にオーバーホール(分解掃除)が必要です。

その際、高額な修理代が必要となり、驚かれる方が増えています。.

腕時計は修理を自店で行う時計店でお求めになることがベストです。

神奈川県 横須賀市 東逸見町1-1 太安堂本店  046-822-1200(代)

時計・メガネ・宝石 太安堂本店

神奈川県 横須賀市 東逸見町1-1JR横須賀駅前

営業時間:10:00〜19:00

 月曜定休

第1火曜定休

 TEL:(046)822-1200(代)