オリエント クラシック

.

機械式時計の最大の特徴であるテンプが文字板側から見られる現代風の構造になっていますがそれ以外のケース、球面クリスタルガラス、大きさ等1960年代が復活した感動的な時計です。

日本製の普及品の為、手巻装置や秒針停止装置も付いていませんが価格も¥29,000+税なので納得できます。

キャリバー 46A40

自動巻(手巻機能無し)

日常生活防水(30メートル)

球面クリスタルガラス(ハードレックス)

直径36mm

厚さ12.7mm

ステンレス

リファレンス:WV0471DB

ピンク文字板

革バンド付

¥29,000+税

画像をクリックしますと別ウインドウで大きい画像が御覧になれます。

オリエント クラシック リファレンス WV0471DB
オリエント クラシック リファレンス WV0471DB
オリエント クラシック リファレンス WV0471DB
オリエント クラシック リファレンス WV0471DB
オリエント クラシック リファレンス WV0471DB
オリエント

1950年、多摩計器株式会社が設立され、翌年オリエント時計株式会社に社名を変更されました。

シチズンやセイコーの国産メーカーとは一味異なるユニークな時計作りを手掛け、海外への輸出にも力を入れてきました。

1970年代後半以降、いちずんやセイコーが機械式時計の生産を中止する中、オリエントは機械式時計の生産を続けてきました。

機械式時計がスイスで復活し、シチズンやセイコーも機械式時計に力を入れ始めるとオリエントも従来からムーブメントで密接な関係を保っていたエプソン(旧・諏訪セイコー)の元で新体制を構築しました。

当店では今後のオリエントに期待して、当店の厳しい基準に合格した時計の取扱いを再開しました。

.

正規輸入品はメーカー修理の際に、料金が大幅割引のメリットがあります。

当店でお買い上げいただいた時計の修理料金は正規品のメーカー修理よりもさらにお得です。

機械式時計は3年毎にオーバーホール(分解掃除)が必要です。

その際、高額な修理代が必要となり、驚かれる方が増えています。.

腕時計は修理を自店で行う時計店でお求めになることがベストです。

神奈川県 横須賀市 東逸見町1-1 太安堂本店  046-822-1200(代)

時計・メガネ・宝石 太安堂本店

神奈川県 横須賀市 東逸見町1-1JR横須賀駅前

営業時間:10:00〜19:00

 月曜定休

第1火曜定休

 TEL:(046)822-1200(代)