ブルーノ・ゾンレー(BRUNO SHONLE)
ブルーノ・ゾンレー フェンナ 36mm

昔のスイス時計を知らない世代の人達が業界に参入したことにより、現在巨大な腕時計が定着してしまいました。

大きな時計もカジュアルや遊びでは良いかもしれませんがビジネス用、フォーマル用としてワイシャツの袖口に収まるサイズがベストだと思います。

そんな中、ブルーノ・ゾンレーから36mmサイズの時計が発売しました。

キャリバー SW200ベース(ETA2824タイプ)

グラスヒュッテ仕様

自動巻

50メートル防水

4ヶ所ネジ止め

日付

直径36mm

ステンレス

白文字板・革バンド付

Ref:17-12113-921

196,000+税

ブルーノ・ゾンレー(BRUNO SHONLE) フェンナ 36mm 17-12113-921
ブルーノ・ゾンレー(BRUNO SHONLE) フェンナ 36mm 17-12113-921
ブルーノ・ゾンレー(BRUNO SHONLE) フェンナ 36mm 17-12113-921
ブルーノ・ゾンレー(BRUNO SHONLE) フェンナ 36mm 17-12113-921
ブルーノ・ゾンレー(BRUNO SHONLE) フェンナ 36mm 17-12113-921
ブルーノ・ゾンレー

2000年にブルーノ・ゾンレー氏によってグラスヒュッテに設立されました。

ブルーノ・ゾンレー氏は1957年、18歳からグラスヒュッテで時計技術の見習いを始めました。

グラスヒュッテの伝統、技術、及びデザインを吸収し、共産主義の時代が終わったドイツをはじめ、

スイス、ヨーロッパ各地で技術を磨いてマイスターの資格を取得しました。

故ブルムラインの指揮の元、復活したランゲ&ゾーネの影響で一躍脚光を浴び、

ノモスやグラスヒュッテオリジナルなどの会社も次第に人に知られる様になりました。

ブルーノ・ゾンレー氏はフォルツハイムから有名になったグラスヒュッテに本拠地を移すべく

市内のジュリアス・アッサマンの古い工房を手に入れ、自信の名前の工房を開設し、クォーツの製造を始めました。

2009年頃からお客様の要望に応じて機械式時計の製造を開始しました。

グラスヒュッテの名を前面に押し出す為、市が定めた下記の3点をクリアしています。

1.グラスヒュッテの伝統、及び名誉を守る時計

2.部品の50%以上がグラスヒュッテ市内で製造された時計

3.組み立て、時間調整、ケースへの組み込みがグラスヒュッテ市内で行われた時計。

スイスのセリタ社のキャリバーSW200(ETA2824と同型)をベースにブリッジや自動巻ローター等も

グラスヒュッテで製造し組み立てました。

さらに金メッキ仕上げ、または銀メッキ仕上げとペルラージュ仕上げ同じ機械と思えない程、高級な雰囲気になりました。

伝統的な大きさの36mmのフェンテ、34mmのステリナが実現しました。

.

正規輸入品はメーカー修理の際に、料金が大幅割引のメリットがあります。

当店でお買い上げいただいた時計の修理料金は正規品のメーカー修理よりもさらにお得です。

機械式時計は3年毎にオーバーホール(分解掃除)が必要です。

その際、高額な修理代が必要となり、驚かれる方が増えています。.

腕時計は修理を自店で行う時計店でお求めになることがベストです。

神奈川県 横須賀市 東逸見町1-1 太安堂本店  046-822-1200(代)

時計・メガネ・宝石 太安堂本店

神奈川県 横須賀市 東逸見町1-1 JR横須賀駅前

営業時間:10:00〜19:00

 水曜定休

 TEL:(046)822-1200(代)