ザ・シチズン 正規取扱店
ザ・シチズン AQ4070-05A 砂子蒔き

25周年記念モデル第2弾

.

時計の究極の目標は誤差0でした。

日時計や水時計に始まり、駆動装置は振り子式からテンプ式、さらに音叉式、クォーツ式へ進化を続け、1日の誤差30秒から1ヶ月10秒と精度も飛躍的に向上しました。

動力装置も重り式からゼンマイ式、さらに電池式と進化しました。

精度±0秒と小型化は時計業界の人間は元より人類の夢と言っていいでしょう。

電波式も電波が受信出来れば電波により誤差を修正するので誤差は0になりますが一番肝心なのは他からの力を借りず、自らの機能だけで精度を保つ事だと思います。

ゼンマイを使用したテンプ式時計(機械式時計)では1960年代に全盛期に達したスイスやアメリカ製時計に比べると残念ながら劣っていた日本のシチズンが精度、永久カレンダー等の機能を備えた世界最高のクォーツ式腕時計『ザ・シチズン』を完成させました。

1995年に最初に完成したザ・シチズンですが発売25周年を迎えた2020年、2種類の限定モデルを発表しました。

当店も7月22日に希少な2種類を入荷予定致しましたが、好評につき金色ケースのAQ4042-01Pは完売してしまいました。

ザ・シチズン25周年記念第2弾として文字板に純度100%プラチナ箔入りのAQ4070-05Aが10月22日に発売予定です。

当店も入荷を予定しており、いち早くお客様へお知らせしたいと思いシチズンから画像を拝借致しました。

時計が入荷次第撮影をしたいと思います。

限定350本なので御予約をされたい場合は御連絡下さい。

限定品というと信じられない程高額な価格を付けるメーカーもありますがシチズンは大変良心的な価格です。

全盛期のスイス高級時計に匹敵する、流行に左右されにくいパーフェクトなデザインに加え、スーパーチタニウムなので傷が付きにくく、退色する事が無く、プラチナムクケースに匹敵する美しさをいつまでも保ち続けます。

文字板には金よりも貴重な純度100%プラチナ箔入りの土佐和紙を使用しています。

.

一度セットするとうるう年や小の月も変更の必要が無いパーペチュアルカレンダー。

定期的な電池交換不要で充電残量の判るパワーリザーブ付。

暗い場所に保管中は針の動きだけを止めるパワーセーブ機能も付いています。

パワーセーブ中でも、時計内部では正しい時刻・カレンダーが保たれています。 

パワーセーブは、文字板に光が当たって発電が始まると、自動で解除されます。

時差設定機能も付いているので海外でも安心して使用できます。

精度(年差±5秒)、機能(永久カレンダー、エコドライブ)、を実現に成功すると共に、シチズン オーナーズクラブに登録すると『10年以内に生じた自然故障に対しては、無償修理(キズや汚れなどは除く。日本国内のみ有効)』、『シチズンから通知が来る10年間で数回の無償点検』も付き、アフターサービスも万全です。

ザ・シチズンは重厚感もあり、シンプルなデザインなので冠婚葬祭や大事なビジネスにもピッタリで10気圧防水なのでスポーツなど全て通用します。

10月22日発売予定

キャリバー A060

クオーツ

1年間の誤差±5秒

エコドライブ(太陽光発電で定期的な電池交換不要)

時差設定機能付

100メートル防水

日付(パーペチュアルカレンダー・瞬間日送り)

直径38mm

厚さ12mm

純度100%プラチナ箔入り和紙文字板

デュアル球面サファイアガラス

スーパーチタニウムケース

ワニ革バンド・バックル付

Ref:AQ4070-05A

¥350,000+税

25周年記念モデル第2弾

限定350本

予約受付中

画像をクリックしますと別ウインドウで大きい画像が御覧になれます。

ザ・シチズン AQ4070-05A
ザ・シチズン AQ4070-05A
ザ・シチズン AQ4070-05A
ザ・シチズン AQ4070-05A
ザ・シチズン AQ4070-05A
完売してしまいましたが参考の為、AQ4042-01Pの写真を掲載します。
ザ・シチズン AQ4042-01P ザ・シチズン25周年記念モデル
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P オメガ コンステレーション

左の写真 ザ・シチズン AQ4042-01Pのケースは手間の掛かる多面カット仕上げです。

右の写真は当店が『最も美しい時計』と評価している最も手のかかる多面カットです。

オメガ コンステレーション 14金イエローゴールドケース 1960年代製造

ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P

内箱は通常のザ・シチズンと同じですが外箱が25周年使用で和紙包み付です

箱の保護テープは販売時に剥がします

ザ・シチズン AQ4042-01P
和紙文字板

最近、ホーローや漆、有田焼等を文字板に採用して2割から8割も高くした時計が多く見られます。

1920〜30年代は通常の文字板が変色しやすかったのでホーローを使用したスイス製高級時計は数多く見られました。

しかし焼き上がりや細工の具合で小秒針等、インダイヤルになっている文字板は合格点に達しない程、エッジの部分がダレています。

当店ではこの様な文字板の時計は取り扱っていなかったので、和紙の文字板は実物を見るまで不安でした。

しかし、ザ・シチズンの限定品AQ1060-56W真砂やAQ4042-01P砂子蒔きが到着して眺めると不安は消えました。

同じ模様は二つと作れない和紙の繊細さが表現されていました。

和紙が経年変化で変色するかもしれませんが、どの様に変わっていくのかも楽しみの一つになるでしょう。

愛称名の様に土佐和紙の採用により、日本のわび・さびの世界に入り込めます。

また、ザ・シチズンAQ1060-56W真砂、AQ4042-01P砂子蒔きの文字板は和紙と透明な上板の二重構造になっており、上板にインデックスなどが取り付けられています。

これにより、斜め横から時計を眺めるとCITIZENの文字とインデックスが宙に浮いている様に見えます。

これを見た時、南イタリアのランペドゥーザ島の宙に浮いた様に見える船が連想されました。

砂子蒔きは、金と同様に変色しない金色チタンケースを採用し、文字板には金箔を封じ込めた土佐和紙を使用しております。

私の様な凡人には考えもつかない素晴らしい発想です。

文字板の雰囲気を知っていただこうと思い、色々なアングル、場所 窓際や屋外等で撮影をしてみましたが、やはり実際に御覧いただいたときの雰囲気は出ないものです。
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P

真正面から撮影するとカメラの黒いボディが写り込ん出しまうので普段は行わないのですが、今回は敢えて撮影してみましたら繊維の一部分に黒が写り込み、和紙らしさが撮影出来ました。

ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズン AQ4042-01P
ザ・シチズンを取り揃え、展示コーナーを拡大しました

精度(年差5秒)と機能(永久カレンダー)で世界のクォーツ時計で頂点を極めたザ・シチズンの中からビジネスやフォーマル、冠婚葬祭等、様々な場面で使用出来るザ・シチズンの中から1901年創業の時計専門店太安堂本店が厳選して専用コーナーを作りました。

○リューズガードは絶対に不要

○サイズは38mm以下

が流行に左右されない高級時計の必須条件であり、この2点を満たすザ・シチズンのみを厳選しました。

ザ・シチズン

ザ・シチズン ザ・シチズン

限定品2種類も展示・販売しています。

左:AQ4042-01P 「砂子蒔き」25周年記念モデル 金色チタンケース 限定500本 2020年3月発表

右:AQ1060-56W「真砂」(まなご)限定250本 銀色チタンケース 2020年6月発表

金色チタンケースのAQ4042-01P「砂子蒔き」は完売しました

銀色チタンケースのAQ1060-56W「真砂」はメーカーの在庫残りわずか

共に文字板に土佐和紙を使用した愛称名に相応しい日本の『わび・さび』が感じられる逸品です。

ザ・シチズン AQ4042-01P AQ1060-56W  ザ・シチズン AQ4042-01P AQ1060-56W

ザ・シチズンの進化の歴史

1995年 キャリバー0350 年差5秒 電池寿命5年

1998年 キャリバーA640 永久カレンダー 年差5秒 電池寿命5年

2005年 キャリバーA660 時差修正 永久カレンダー 年差5秒 電池寿命5年

2011年 キャリバーA010 エコドライブ インジケーター 時差修正 永久カレンダー 年差5秒

2015年 キャリバーA060 インジケーター(内臓) エコドライブ 時差修正 永久カレンダー 年差5秒

.

1995年に時計の究極の目標である誤差0秒に挑戦した年差5秒の驚異的な時計は更に進化を続け永久カレンダー、時差修正装置、2011年のエコドライブの採用で完成の域に達しました。

外装面でも軽くて傷の付きにくいチタンケース、和紙の文字板を適正価格で採用するなどクォーツ時計の世界の頂点に達する時計が完成しました。

余談ですがザ・シチズンは2010年に自動巻のキャリバー410を日差5〜10秒で開発しましたが既に生産終了しています。

シチズンの最大のポイントである10年保障を機械式時計で続けるのは無理があり、自店で修理をする太安堂本店では日本の機械式時計を5〜10秒に保つのは不可能と判断し、販売していませんでした。

技術のシチズンの賢明な判断と言えます。 

THE CITIZEN VS GRAND SEIKO

日本の時計メーカーであるシチズンとセイコーは、機械式時計では歴史あるスイス時計を手本に進歩してきましたが地金の耐久性やデザイン面では追いつく事が出来ませんでした。

耐久性では劣っていましたがスイス製時計より安価で精度の良い時計を製造して確固たる地位を占めていました。

しかし低トルクで動くクォーツが主流になると地金の耐久性は必要なくなり、電子技術ではスイスを遥かに凌いでいた日本の独壇場になり、1980〜90年代、スイス製時計の名門ブランドは100倍の精度のクォーツには太刀打ちできず機械式時計の生産中止に追い込まれました。

機械式からクォーツ式に切り替えた有名メーカーも日本製の足元にも及ばず、ほぼ壊滅状態になりました。

クォーツ式時計が量産可能になると新興国でも製造される様になり価格も安くなりましたが高級なクォーツはセイコー、シチズン、オリエントの日本メーカーの独壇場となり、世界最高の地位を得る事となりました。

世界一の座に甘んずる事無く精度・デザイン・新機能の開発等で進歩を続けるクォーツ式の頂点に立つのがザ・シチズンとグランドセイコーSBGX005です。

当店の独断と偏見ではありますが、THE CITIZEN VS GRAND SEIKOのページを作成しました。

ザ・シチズンAQ1000-58AとグランドセイコーSBGX005の当店目線の比較表を作成しましたので御覧下さい。

グランドセイコーSBGX005は生産終了しております。

キャリバーA660を使用したモデルでお客様のAさん所有の時計を御厚意により掲載させていただきました。

ケースとブレスレットが一体となった現行のザ・シチズンにはない重厚な20気圧防水の珍しいタイプです。

スポーツモデルなのでリューズガードが付いています。

シチズン キャリバーA660

シチズン キャリバーA660 シチズン キャリバーA660

シチズン キャリバーA660 シチズン キャリバーA660

リューズガードが無く流行に左右されない正統派フォーマルウォッチに仕上がっています。

シチズンの高級品を象徴するクロノマスター イーグルマークが文字板上にいくつも印されています。

キャリバーA060を使用したモデルでお客様のKさん所有の時計を御厚意により掲載させていただきました。

シチズン キャリバーA660

シチズン キャリバーA660 シチズン キャリバーA660

シチズン キャリバーA660 シチズン キャリバーA660

CITIZEN VS SEIKOのページを作成しました。

ザ・シチズンAQ1000-58AとグランドセイコーSBGX005の当店目線の比較表を作成しましたので御覧下さい。

画像をクリックすると別ウィンドウで詳細のページが開きます

セイコーVSシチズン

シチズンミュージアム

太安堂本店は世界一のクォーツ腕時計と認めた年差5秒の『ザ・シチズン』の取り扱いを決定しました。

全モデルの中から当店の基準に合格しそうなモデルを厳選する為、シチズン本社を訪れました。

その際、兼ねてから見学してみたいと思っていたシチズンの時計博物館を訪れる事が出来ました。

国産時計の博物館としては最高レベルなので紹介したいと思います。

シチズンミュージアム

画像をクリックしますとシチズンミュージアムのページが御覧になれます

ザ・シチズン

1918年、尚工舎時計研究所設立から始まったシチズンはセイコーと共に日本の時計産業の推進役となりました。

クリスタルセブンやデジアナ(デジタルとアナログの両方の機能付)ではセイコーの同系を遥かに上回る大ヒット商品となり、腕時計の売り上げも常にトップでした。

1986年には腕時計ムーブメントで年間生産量世界一になりました。

機械式時計ではセイコーと共にスイス製より安価な実用時計の分野で確固たる地位を占めました。

クォーツの分野ではセイコーと共に電子技術では圧倒的に劣るスイス時計を超えました。

しかし、回路などの電子部品故障すると一式交換が必要となる為、クォーツは永く使えないという欠点が指摘されるようになりました。

この傾向を打破したのが1995年発売の『ザ・シチズン』でした。

精度は良いが永く使えないというクォーツの常識を破り10年間保証というユニークな保証方法を考え出しました。

10年の保証期間を過ぎたあとも、修理に必要なさまざまな部品を長期保有することにより、お客様に永く安心してご使用いただけるよう、体制を整えています。

キャリバーA010を使用したザ・シチズン リファレンスAQ1000-58Eを店主が愛用しております。

神奈川県 横須賀市 東逸見町1-1 太安堂本店  046-822-1200(代)

.

正規輸入品はメーカー修理の際に、料金が大幅割引のメリットがあります。

時計・メガネ・宝石 太安堂本店

神奈川県 横須賀市 東逸見町1-1JR横須賀駅前

営業時間:10:00〜19:00

 月曜定休

第1火曜定休

 TEL:(046)822-1200(代)