クロノグラフ ゼニス(モバード)

.

1969年、ゼニスとモバードとの協力事業によりクロノグラフと自動巻を合体させたエルプリメロ(キャリバーPHC3019)が完成しました。

手巻クロノグラフは1940年代にピークを迎えています。

自動巻は1950年頃から本格的な製造が開始され、1960年代にピークを迎えました。

この2つが1969年になり合体に成功したのです。

同時期に他社からも自動巻クロノグラフが発表されましたがピラーホイールの廃止や

マイクロローター等のトラブル続きで短期間で製造中止に追い込まれました。

エルプリメロは最高の自動巻クロノグラフとして評価されましたが

奇しくも同じ1969年に開発されたクオーツ式時計の台頭により、機械式時計は衰退し製造中止になりました。

その後、機械式時計の価値が再認識され、違いのわかる人達の間で愛好されてきました。

1990年代から続々と発表される機械式クロノグラフが1940年代に廉価版として不評だった

ピアスと同様の垂直クラッチを採用し、分解調整が不可能でアッセンブリー交換しなければいけないのに対し、

熟練した職人を必要とはしますが調整可能な従来からの水平クラッチを採用し続けています。

アッセンブリー交換をしなければいけない時計はクオーツと同様、

メーカーの部品供給がストップすればその時点で修理不能になります。

ゼニスは熟練した職人の手で修理すれば、末長く使用する事が可能です。

こうした理由から当店では無名だった1993年からゼニスを自動巻クロノグラフの最高傑作としてお勧めしてきました。

しかしゼニスのエルプリメロが名声を得ると大手ファッションメーカーに買収され

価格は高騰し、デザインも巨大化し40mmを超えてしまいました。

さらに16〜22分のクロノグラフの分の積算計目盛りにクロノグラフの時間の積算計が被ってしまい

計測不能に陥るという考えられないミスを犯してしまいました。

以上の理由から当店は現行品の取り扱いを中止し、ゼニスが復活後努力していた

1990年〜2005年までの時計をアンティークとして取り扱う事にしました。

販売したゼニスの修理は当店で適正価格で行いますので御安心下さい。

太安堂本店  046-822-1200(代)

下記の画像をクリックしますと詳細のページに移動します。

ゼニス レインボー

キャリバー400

自動巻

クロノグラフ

30分・12時間積算計付

ねじ込み式プッシュボタン

50メートル防水

直径40mm

ステンレス

リファレンス 01/02.0451.400

¥620,000+税

ゼニス レインボー リファレンス01/02.0451.400 キャリバー400

画像をクリックしますと詳細のページに移動します

ゼニス エルプリメロHW

キャリバー420

手巻

クロノグラフ

30分・12時間積算計付

100メートル防水

直径40mm

ステンレス

リファレンス 02.0500.400

¥450,000+税

ゼニス エルプリメロHW リファレンス02.0500.420

画像をクリックしますと詳細のページに移動します

モバード
時計・メガネ・宝石 太安堂本店

神奈川県 横須賀市 東逸見町1-1 JR横須賀駅前

営業時間:10:00〜19:00

 水曜定休

 TEL:(046)822-1200(代)